FC2ブログ

リエス東船橋の奇跡の攻防

アパート管理
01 /12 2014
年明けは奔走し、リエス東船橋の社宅契約であることの正当性について、1月8日松島弁護士、虎ノ門法律事務所の大熊弁護士に相談をするところまでい詰められた。
しかし、1月10日、神田明神と、波除稲荷の双方へ祈願札を出してから、13時先方の法務担当者との接見に臨むと、事態は好転に向かっている。1月15日波除けさんへ祈祷してその差は実に500万に上る。

リエス起死回生


また、仕事初め4日に出会った賃貸コンシェルジュ石川氏のダイワリビングによる一括借上リースの話も進展し、まさに神がかった逆転ゲームになってきた。
※他に、東急リバブル、日立アプライアンス、インフォレント、タイセイーハウジー、スターツ、日本賃貸管理センター・・・などにも当たったが、これほどいい話はない⇒ほんとにこんな旨い話あるのだろうか!?

日本管理センター 保証賃料:\535000 満室時:¥761000
アレップス    保証賃料:\675444

大和リビングの内容

【最初に出された金額】(1部屋辺り44,823円)
総賃料711,000円と共益費分で51,000円=762,000円(1部屋辺り44,823円)
初回免責6か月 入れ替え免責2か月

【最終交渉結果】(1部屋辺り47,058円)
総賃料749,000円と共益費分51,000円=800,000円(1部屋辺り47,058円)
初回免責3か月 入れ替え免責1カ月

自分でやっても、総収入は82万円程度、さらに広告料支払いが200%だから、今回はサブリースの方に軍配が上がるので、なんとか稟議が通過して欲しい

コメント

非公開コメント